CATEGORY

組合便り

    • 2022年1月24日

    Vol.18 木材流通センター 初市

    北薩森林組合通信 Vol.18     初市で3,760㎥完売!    北薩木材流通センターは、1月13日に令和4年の初市を開催。 コロナ禍のため式典は控えさせていただきましたが、買い方ら約60人の参加をいただきました。      市では、スギ・ヒノキ・広葉樹合わせて3,760㎥を出材し、完売。平均単価は12,100円でした。    相場はスギがほぼ横ばい、ヒノキは全体的にやや下落したものの4m材 […]

    • 2022年1月11日

    Vol.17 年頭のご挨拶

    北薩森林組合通信 Vol.17 代表理事組合長より年頭のご挨拶    令和4年の新春を迎えて年頭のご挨拶を申し上げます。  平素より北薩森林組合の事業運営に対しましては、格別のご理解を賜り厚く御礼申し上げます。  管内のスギ・ヒノキなどの人工林は本格的な利用期を迎えており、貴重な森林資源を循環利用することが求められています。木材業界では、一昨年末から始まっていた木材不足が昨年4月には「ウッドショッ […]

    • 2022年1月11日

    Vol.16 窓口業務が一部変わります!

    北薩森林組合通信 Vol.16 窓口業務が一部変わります!    森林組合では、組織の一部再編を行い、業務の執行を出水支所・川内支所・長島支所・木材流通センターで管理することになりました。    再編により、出水支所は組合全体の総務と加工センターを含む出水・阿久根・長島の事業全般を担当します。  北薩木材流通センターでは、原木流通・販売(市売)及び、立木の買取を含む林産事業全般に加えて、さつま町の […]

    • 2021年12月8日

    Vol.15 労働災害多発警報

    北薩森林組合通信 Vol.15   林業死亡労働災害多発警報を発令    林業・木材製造業労働災害防止協会は10月21日、鹿児島県支部に「林業死亡労働災害多発警報」を発令し、同支部に対して再発防止対策の実施を指示するとともに、中央の労働基準行政機関、関係団体等に対し、協力要請を行いました。    警報発令期間は、令和3年10月21日~令和4年1月31日までで、期間中の死亡労働災害がゼロとなることを […]

    • 2021年12月7日

    Vol.14 花粉症発生源対策普及イベント

    北薩森林組合通信 Vol.14 花粉症発生源対策普及イベントを開催    全国林業改良普及協会は11月24日、鹿児島市内のホテルで花粉症発生源対策普及イベントを開催し、森林組合など森林・林業関係者50名が参加しました。  イベントでは、林野庁から国の花粉症発生源対策、森林研究・整備機構森林総合研究所から花粉症対策に資する品種及びスギ花粉飛散防止剤の開発についての説明があり、鹿児島県からは、再造林の […]

    • 2021年10月12日

    Vol.13 「木の日」要望活動

    北薩森林組合通信 Vol.13 木材利用促進に向けた要望書を提出 北薩地区林材協会   北薩地区林材協会は10月8日、北薩地域振興局と管内5つの市町を訪問して各市町長・議会議長・教育長に県産材の利用促進についての要望書を手渡し、県民へのPRの推進、建築物等への利用推進、木造住宅の建設促進、県産材木製品の利用推進、木材産業等の競争力確保対策の5項目について要望を行いました。             […]

    • 2021年9月1日

    Vol.12 第13回通常総代会を開催

    北薩森林組合通信 Vol.12第13回通常総代会を開催    北薩森林組合は8月18日、薩摩川内市国際交流センターで第13回通常総代会を開催しました。      総代会は、組合長あいさつに続き、さつま町の米丸 文武組合員を議長に選任して、議事に入り、提出された第1号議案「令和2年度業務報告承認の件」から第11号議案「役員改選の件」まで執行部提案どおり承認されました。   【承認された役員】 理事  […]

    • 2021年1月8日

    Vol.11 年頭のご挨拶

    北薩森林組合通信 Vol.11代表理事組合長 年頭のご挨拶    新年あけましておめでとうございます。    皆様におかれましては、穏やかな新年を迎えのこととお喜び申し上げます。  昨年は、年初めからの新型コロナウイルス感染拡大などにより先行き不透明感が強まり、国産材丸太の需要、木材価格が急落しました。一時停滞していた主に中国向けの丸太輸出は4月には回復。9月以降は材価も回復基調にあります。    […]

    • 2021年1月4日

    Vol.10 川内支所に仮設販売所設置

    北薩森林組合通信 Vol.10川内支所に仮設販売所設置-椎茸種駒などを販売    北薩森林組合川内支所は、2020年7月の豪雨災害により本所のあるさつま町虎居に仮移転をして事業を継続しています。    薩摩川内地区の組合員の皆さまにはご不便、ご迷惑をお掛けしておりますが、令和2年12月14日から川内支所敷地内に仮設販売所を設けました。    営業時間は、土日祝日を除く午前9時30分から午後4時まで […]

    • 2020年12月3日

    Vol.9 永野緑の少年団が枝打ち体験

    北薩森林組合通信 Vol.9学有林枝打ち体験-よみがえれ 引き継ぐ緑 未来の森-    11月28日、さつま町で「永野緑の少年団」やその家族など22名が参加して枝打ち体験がありました。    この活動は、緑の少年団が緑に親しみ守り育てる活動を通じて心豊かに育つことを支援する取り組みの一環です。    永野小学校講堂で北薩振興局職員から森林の役割や、ドローンの仕組み・活用法について学んだあと、学有林 […]